お出かけしてきたよ♪~part2~

桑名にある七里の渡しを散策した いち と母ちゃん達
よく知っている場所なのに、全然知らないことばかりで…
それでも、とっても楽しめました~

その後に向かったのは前回のBlogに載せた本田忠勝像から通り1本向こう側にある九華公園

九華公園とは
九華公園は元々桑名城の跡地を整備したもので、この一帯には桑名城の本丸と二の丸があった場所だそうです。
桑名城の歴史は古く、永正10年(1513年)に桑名にあった3城(東城・西城・三崎城)の一つ、伊藤武左衛門が城館を築いた東城が桑名城の起源と考えられています。
(伊藤武左衛門はその後織田信長に伊勢侵攻の際に降伏し、城主は度々変わっていったそうです。)

徳川家康に関ヶ原の戦いの終わった翌年 慶長6年(1601年)に徳川四天王の一人で腹心の本多忠勝を桑名に配置して、忠勝は直ちに揖斐川沿いに城郭の建造を開始します。
桑名城は揖斐川を利用した水城で城内から船で川に出ることができ、堀は海水で満たされていました。
忠勝はお城だけではなく城下町の整備にも力を入れ、「慶長の町割り」と呼ばれる町作りを行ったそうです。

築城には同じく徳川四天王の一人井伊直政も応援を行ったという逸話も残っています。

その後も城主が入れ替わり、松平定重の時代(1701年)に桑名市街地の過半を焼く大火に遭い、この際に天守も焼失。
以後再建されず、その後も時代の流れとともに主は入れ替わり、最終的には明治維新の時に桑名藩は幕府方についたため官軍によって城の一部を焼かれ、その後落城のしるしとして新政府軍によって桑名城は焼き払われたそうです。
天守閣は四重六層の勇壮なものだったそうです。
見たかったな…

それにしてもお城って歴史を知れば知るほど時代の流れを感じるところですね…。

そんな歴史があるとは知らないままのんびり散策をはじめる いち 御一行~

九華公園に入った途端、目の前にどど~んと見えてきたのは~
蜀咏悄1966_convert_20150115201840
相撲の土俵
ここはスポーツ施設の一つとなっており、予約をして使うことができるそうです

どんどん公園の中に入っていくと…

蜀咏悄1967_convert_20150115202015
どうやら猫が出現する場所があるようで…
途中から猫探しに専念してしまいました…

ここまで来て猫探ししなくても…

IMGP7298_convert_20150117223115.jpg
「クンクン」と猫センサーを稼働させながら、やって来たのは九華公園内にある神社

IMGP7302_convert_20150117223230.jpg
鎮国守国神社です
この神社は天明4年(1784年)桑名城本丸跡に鎮座し、松平定綱(鎮国公)・松平定信(守国公 楽翁公)を祀っております。

IMGP7305_convert_20150117223308.jpg
神社からすぐ近くに櫓跡発見
辰巳櫓跡と書かれているのに、大砲が…
詳細は不明なのですが、戊辰戦争時に利用していたという説や明治時代に時報を伝える「ドン」として利用されていたのではないかと言われています。
なるほど~

他にも神戸櫓跡だったり天守閣跡もあるのですが、あまりにも写真に撮っておらず…
神社の中は いち は入れないしね…

IMGP7313_convert_20150117223354.jpg
あれこれ写真を撮っている母ちゃんを待っていてくれる いち ですが、ちょっと不満気

IMGP7317_convert_20150117223420.jpg
こちらは先ほど いち が待っていてくれた橋です。
ここでは鳥もたくさんいるようですし、魚もいましたよ
5月には金魚祭りがあり、その時には宝物館に所蔵されている所蔵品も一部公開されるようです

公園は広いのですが、お堀が公園の6割を占めていることもあり、 いち の速度だと結構早く歩いてしまうのであっという間に終了~
今度はお堀の外を歩きます

IMGP7338_convert_20150117223627.jpg
ここは前回訪れた七里の渡しから続いている船着場の跡です。
奥に見えているのが城壁です

ここは歴史を語る公園として東海道のミニチュアが作られています。
IMGP7340_convert_20150117223552.jpg
またまた遅いと怒られちゃいました…

IMGP7343_convert_20150117223713.jpg
ミニチュア東海道を歩きます
もう富士山が見えてきましたよ~

IMGP7351_convert_20150117223816.jpg
歩いていると城壁を眺めながら進んでいくことができるのですが、城壁の上には普通の民家が
これも歴史の流れなんでしょうね~

IMGP7349_convert_20150120202405.jpg
こちらは昭和初期まで利用されていた船着場
今でも船が停留しているんですね~

いち と一緒に城壁を見ながらどんどん歩いて行って…
IMGP7359_convert_20150117223846.jpg
ミニチュア東海道の最後の橋を渡って東海道の旅も終了です

ちなみにこちらが桑名城のあった頃の地図
IMGP7327_convert_20150120202141.jpg
この時の様子が見ることができたらいいのに…と思っちゃいます

IMGP7365_convert_20150120202557.jpg
その後外堀を歩いて、目の前に見えている六華苑へと向かいます

六華苑とは
2代目諸戸清六の邸宅として大正2年(1913年)に完成した建物で、本苑は鹿鳴館の設計で有名なイギリス人建築家ジョサイア・コンドル設計による4層の塔屋を持つ木造2回建てで、洋館だけではなく和館や蔵、池泉回遊式庭園などがあります。
国の重要文化財に指定されている建物や国の名勝に指定されている庭園は一般公開されているのですが、残念ながらワンコは入れず…
父ちゃんのみ入って写真を撮ってきてくれました

IMGP7369_convert_20150117223937.jpg
鹿鳴館を見たことがないのですが、きっと綺麗なんでしょうね~

IMGP7375_convert_20150117224037.jpg
こちらは庭園ですが、和なんですね~

六華苑を見学した後は再び七里の渡しを見学して車へ
ちょうどお昼の時間を過ぎてお腹が減って来たのですが、もう一箇所行きたい所があったのでそのまま移動することに
父ちゃんがアイスまんじゅうを買ってきてくれたので、 いち も分けてあげましたよ~

この続きはまた次回
ランキングに参加しています。
実は最初のBlogに載せた本多忠勝の像のあった場所が三の丸だと今回調べていて知った母ちゃん1度調べただけじゃ分からない事も多いな~と思った母ちゃんに応援のポチッとをよろしくお願いします
ポチっとしてね http://dog.blogmura.com/siberianhusky/ 

歴史って調べれば調べるほど奥が深いですね
スポンサーサイト

コメント

お城に詳しくなりそうだな〜。
東海道のた旅、なかなか面白そうですね^ ^
次も楽しみです^ ^

No title

いろいろと見るべきものがあり観光のし甲斐がありますね。
家の方にも探せばあるのかな~?と思いましたが無さそうです。
でも、いち君は観光より猫探しの方が楽しそうですね。
パパさんママさんと一緒に歩ければどこでも楽しいのかな~?

GLAYママさんへ^^

本当に知れば知るほど身近な話題なので、「へぇ〜」「なるほど〜!」とか思いながら書いてます…^^;
そのせいか、なかなかBlogが進みません…^^;
東海道の旅も面白いですね^^
またどこか行けたらいいな〜♪
今度一緒にどこかに行けたらいいですね^^

雪さんへ^^

いちは公園の中では終始猫探しをしていましたが、1匹も見つけられませんでした…^^;
でも、きっと雪さん地方にも色々な歴史が残っていると思いますよ♪
母ちゃんも調べるまでは全然知らなかったですもの…^^;
最近ローカル番組で東海道や美濃路についてやっている事もあって少しずつ興味が出てきました^^
いちは一緒にお出かけできるならどこでも良いのかも…^^;

No title

またまた素敵なところですね♪
いちくん、かあちゃんさんはいろいろとお勉強しながら 写真も撮りながら歩いてるんだから、遅いって怒らないでね~(>_<)

ネイヴェルははさんへ^^

またまたお出かけしてきました〜♪
なかなか歴史は苦手だったので、勉強するにも時間がかかってしまい…^^;
いつは父ちゃんと色々見て回って楽しそうに進んでいるので、いつも置いていかれます…^^;
でも遅いと目で言われながらも、待っていてくれるから可愛いんですけどね♪
(親バカです…^^;)

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー) URL

プロフィール

いちかあちゃん

Author:いちかあちゃん
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
フリーエリア