初めての観光地♪ ~そのⅧ~

春一番が吹いて いち 地方も春が近づいてきました
それでもやっぱり散歩の時間は寒い
出来ればもう一度、雪のちらついて欲しいと考えている いち ですが…

母ちゃんももう少し いち には楽しい散歩が続いて欲しいと思います

それでは今回も旅の続きと行きましょう~

輪島の朝市を堪能した後は道の駅へ
IMG_0252_convert_20170121225253.jpg
道の駅輪島です
廃止されたのと鉄道の旧輪島駅の駅広場を活用し、交通ターミナルの再生、新しい交流拠点を目指し整備され、「ふらっと訪夢」と名付けられたそうです

IMG_0253_convert_20170221220305.jpg
踏切もそのままに置いてあるんですね~
トイレ休憩をした後は早速次の場所へ

さて、次に訪れたのは…。
IMGP9982_convert_20170121230036.jpg
曹洞宗大本山総持寺祖院です

この大本山總持寺祖院、正しくは諸嶽山總持寺と言い、今から約700年前1321年に瑩山禅師によって開創されました。
翌年には夏禅師に帰依された後醍醐天皇は論旨を下され、總持寺を勅願所として「曹洞賜紫出世第一の道場」として定められたそうです。
明治31年4月に不幸にして災禍により七堂伽藍の大部分を焼失しましたが、これを機に布教伝道の中心を神奈川県横浜市鶴見に移されました。

IMGP9984_convert_20170121230111.jpg
この門をくぐって中に入っていきますが、残念ながらここは いち は入ることが出来ないので、案内所の側で待っていてもらうことに

IMGP9986_convert_20170221222948.jpg
とても雰囲気の良い場所でしたよ

IMGP9987_convert_20170121230148.jpg
たくさんの人が訪れて色々な場所を見学されていました

IMGP9990_convert_20170221223024.jpg
ちょうど母ちゃんたちが訪れたときは法堂の一部分が工事されていたのですが、遠回りをして中に入ることが出来ました

なかなか見ごたえのある場所でした
しかも母ちゃんたちが訪れた日は車の規制がされていたので何故なんだろうと思っていたら…。

IMGP9979_convert_20170221220457.jpg
祖院に到着した途端に自転車がたくさん

IMGP9981_convert_20170221220605.jpg
自転車レースのスタート地点へと向かう一団にびっくりした いち と母ちゃんでした…

曹洞宗大本山総持寺祖院を後にして、次の場所へと向かう途中…。
IMG_0281_convert_20170221231149.jpg
頑張って走っている方々を発見
時々遠くに見えるレースをしている方々に声援を送りながら到着した場所は…

こちらです
IMG_0288_convert_20170121230515.jpg
ここは旧角海家住宅と言い、現存する黒島の代表的な廻船問屋住宅で、国指定重要文化財となっています。
明治4年に大火に遭いましたが、地元の名匠により配置や構造は元通りに再建されたと伝えられています。
平成19年に能登半島地震によって大きな被害を受けたそうですが、現在は復元工事を終えているそうです。

IMG_0291_convert_20170222205823.jpg
それでは街並みをゆっくり歩いて見ることに…

IMGP9992_convert_20170221223125.jpg
この黒島地区は国の重要伝統的建造物群保存地区に指定されていて、「黒瓦」 「格子」 「下見張り」 という共通要素を持つ街並みが保存されているそうで、高台から海を背景に眺めると、黒瓦が重なり合う景観が一望できるそうです

IMGP9995_convert_20170221223201.jpg
静かな街並みにゆっくり歩くことが出来ました

IMG_0296_convert_20170121230556.jpg
それでもゆっくり歩く母ちゃんをぐんぐん引っ張って歩く いち に声をかけたらこんな笑顔で振り返ってくれました

しかし残念ながら、親バカに浸っている時間はなく…
IMG_0298_convert_20170121230630.jpg
猫を見つけ歩くどころか、動かなくなってしまった いち なのでした…

さあ、次の目的地へと移動しますよ~

ランキングに参加しています。
猫を見つけた後はなかなか動いてくれない いち にハンドラーを交代した母ちゃんに応援のポチッとをよろしくお願いします
ポチッとしてねhttp://dog.blogmura.com/siberianhusky

能登半島後半も半分を過ぎました
もうしばらくお付き合いくださいね
スポンサーサイト

初めての観光地♪ ~そのⅦ~

いち 地方にも梅が咲き始めました
なんだかとっても寒かったり、春のような暖かさだったりと、気温の変化が大きすぎて散歩に来ていく服装に迷うこの頃…
このまま暖かくなるんだろうな~と思うんだけど、いち にとってはあまり嬉しくないんだろね…

それでは今回もまた旅の続きと行きましょう~

朝食を食べて、お世話になったお宿ともお別れをして早速次の観光地へと向かいます

次に向かった場所は…
IMG_0228_convert_20170121224739.jpg
白米千枚田です

IMG_0245_convert_20170121225041.jpg
ここは世界農業遺産に登録されているそうです

IMG_0230_convert_20170121224818.jpg
それでは千枚田をお散歩しましょう~

IMGP9963_convert_20170121225656.jpg
千枚田を歩いて行くと稲穂が干してありました
もう少し前だったら刈り取る前の風景も見ることが出来たのかな

IMG_0233_convert_20170121224941.jpg
千枚田を一周して思いっきり堪能しました

千枚田を見学した後向かった先は…

IMG_0246_convert_20170121225123.jpg
先日雨でゆっくり堪能できなかった輪島をもう一度堪能することに~
色々な屋台を見学して歩き回っていると…。

IMG_0250_convert_20170121225211.jpg
朝ドラの記念館が

記念館を見学した後は、屋台を見て回ります
IMGP9971_convert_20170121225751.jpg
輪島で有名なえがらまんじゅうを堪能~

そして~
IMGP9972_convert_20170121225833.jpg
お土産のお魚を購入~
とっても美味しかったですよ~

IMGP9975_convert_20170121225948.jpg
こちらは輪島にある市姫神社
輪島にある朝市を守り、幸運を授けてくれるという神社だそうです

IMGP9973_convert_20170121225900.jpg
その後 いち は魚屋さんの前で動かなくなり…
本当に困りました…

その後はなんとか いち を車に乗せて移動です

この続きはまた次回~

ランキングに参加しています。
最近、ちょっとした怪我をした いち ちょっと目を離すとすぐに傷を舐めてしまう いち をなんとか止めようと頑張る母ちゃんに応援のポチッとをよろしくお願いします
ポチッとしてねhttp://dog.blogmura.com/siberianhusky

初めての観光地♪ ~そのⅥ~

今季はたくさん雪が降る いち 地方
積もることはほとんどないけれど、それでも雪が降るとテンションが上がる いち
大はしゃぎです
しばらくまだ寒い日が続くから、もう少し雪遊びできるといいね~

それでは旅の続きへと行きましょう~
前回の時点で夕方が近くになっていたこともあり、夕飯に間に合わないといけないのでお宿近くで立ち寄ることに…

IMG_0189_convert_20170205210835.jpg
この日最後に立ち寄ったのは窓岩ポケットパーク

IMG_0185_convert_20170205210743.jpg
曽々木海岸と…。

IMGP9938_convert_20170121223539.jpg
岩の間に窓がある窓岩。
もうちょっと早かったら窓岩から夕陽が見られたかもしれないんだけど…こればっかりは仕方がありませんね…
この近くには接吻トンネル(恋人の聖地)や岩窟不動などまだまだ観光する場所はあるので、ぜひ行ってみてくださいね

残念ながら我が家のこの日の観光はここまで。
お宿に戻ってゆっくりすることに
IMGP9943_convert_20170121225431.jpg
お風呂に入ってのんびりしていたら、またまたこんなに豪華な食事が並びました
美味しいご飯が並ぶっていいですよね~

IMGP9945_convert_20170121225502.jpg
この日も いち におかずをおねだりされました…

一夜明けてさっそく いち の散歩がてらお宿の近くにある観光スポットへ

IMG_0192_convert_20170205210927.jpg
前日とは違う方向へとお散歩に行きました
目の前にもう滝が見えています

IMG_0193_convert_20170121224132.jpg
滝がある事に気付いているのか、 いち は嬉しそうにどんどん進みます

IMG_0197_convert_20170121224216.jpg
するとトンネルが見えてきましたよ
このトンネルは「八世乃洞門」というそうで、2007年に発生した能登半島地震によって被害を受けたトンネルだそうです。
もちろん現在は使われていません。

IMG_0206_convert_20170121224502.jpg
八世乃洞門トンネルのそばを通り過ぎると見えてきたのがこの滝、垂水の滝です
別名吹き上げの滝としても有名だそうで、逆さ滝の光景は幻想的だそうですよ
また滝のすぐそばまで遊歩道があって行くことができるので、濡れても大丈夫な格好で行ってみてください
滝の下から見る滝も圧巻です

IMG_0204_convert_20170121224415.jpg
父ちゃんが滝のそばまで行って写真を撮っている間、 いち は周りをうろうろとお散歩~

IMG_0205_convert_20170205211159.jpg
滝を背に見た光景がこんな感じ

IMG_0208_convert_20170205211333.jpg
この辺りの海岸周辺は冬場になると荒れた海の波が岩に砕け水泡となって雪のように舞う「波の花」が現れるそうなので、お勧めは冬場ですね~

IMG_0209_convert_20170121224533.jpg
波の高い海を見ることがない いち はしばらく波を見て堪能しておりました~

お宿近くの観光地を堪能した後はお宿に戻って朝食をいただきます
IMG_0218_convert_20170205211417.jpg
朝からお魚三昧
お魚って本当においしいですよね~

さあ、ここから荷造りをしてお宿を出発
犬にも飼い主にもとっても優しいお宿でした

お世話になりました~

ここからたくさんの観光地に立ち寄りましたが、今回はここまで
この能登旅行も後半へ~

もう少しお付き合いくださいね~

ランキングに参加しています。
なんとか後半へと移っていくことが出来て一安心の母ちゃんに応援のポチッとをよろしくお願いします
ポチッとしてねhttp://dog.blogmura.com/siberianhusky

次回はもう少し早く投稿できるように頑張ります

初めての観光地♪ ~そのⅤ~

最近はとっても暖かい日が増えてきた いち 地方
いち としてはつまらないけれど、母ちゃんとしては散歩がしやすくなりました
でも、夕方になると一気に寒く…
それに庭の手入れもしないといけないんだけど、もうちょっと暖かくなってからだね…

それではまだまだ続く旅行の続きを~

禄剛崎灯台の後は他にも色々な場所を回って…。

次にやって来たのはこちら
IMGP9913_convert_20170129214705.jpg
須須神社にやって来ました

須須神社は高座宮・金分宮の両社に御夫婦の大神を祀り、三崎権現・須須大明神と尊崇され、東北鬼門日本海の守護神として災難除けの御神徳あらたかな御社だそうです。
第十代崇神天皇(2000年前)の御代能登半島最東北端の山伏山の頂上に創建され、天平勝宝年間に現在の地に遷座したそうで、古代より縁結びの神として世に知られていたそうですよ。

IMG_0132_convert_20170121221832.jpg
この本社社叢(もり)は千古の昔から神域として保護されてきたので国の特別史跡名勝天然記念物に指定され、貴重な存在となっているそうです。
本当に歩いていると、木々の力を感じます

IMG_0133_convert_20170121221911.jpg
木々の勢いが凄いでしょう~

IMG_0134_convert_20170121221939.jpg
こちらが拝殿になります。
雨が降っていたせいか、とっても厳かな雰囲気に包まれた神社でした。
いち も一緒に来ることが出来て良かったね



そしてこの次に向かったのは…

IMG_0139_convert_20170121222035.jpg
木がたくさんあるけれど…

さっぱり何なのか分かりませんよね…

IMG_0141_convert_20170121222134.jpg
ここは倒さ杉。
真言宗の古刹・高照寺にある老杉です。
樹齢は約700年ともいわれ、県の天然記念物に指定されています

IMG_0142_convert_20170121222213.jpg
杉の枝が地面を這うようにして、逆さに垂れていることから「倒さスギ」と呼ばれるようになりました。
また八百比丘尼(はっぴゃくびくに)が昼食時に杉箸を逆さに挿し、そこから枝葉が出たという逸話も伝わっているそうですよ。

ここで疑問…。


八百比丘尼とは…

八百比丘尼を調べてみると、長寿伝説の1つだそうで、ある漁師が珍しい魚を釣った事から始まります。それは魚とも言えない人魚の形をしており、その時通りかかったお坊さんが「庚申祭りにこの奇魚をを供えて祈ると、厄除けになるとともに福徳がやってくるであろう」というものであった。しかしその奇魚を娘が一切れ食べてしまう。その結果娘は八百歳まで生きたというものだそうです。八百歳まで生きたことから八百比丘尼と呼ばれるようになったそうです。

本当にいろいろな逸話が残っているものですね…


そして次に向かったのは~
IMG_0149_convert_20170121222302.jpg
遊歩道を進んでいくと、見えてきたのが…

IMG_0150_convert_20170121222330.jpg
見附島です

見附島は弘法大使が布教のために佐渡から能登へと渡る際に発見したといわれている島です
「最初に目についた島」というのが名前の由来だそうで、先端部が突き出たその姿が「軍艦島」とも呼ばれているそうです

IMG_0151_convert_20170121222422.jpg
島に向かって道が出来ているので、できれば いち と一緒に向こう側に行けたらいいんだけど…と考えていたんですが…

IMG_0161_convert_20170121222540.jpg
途中まで行ってみたものの、苔などが結構生えていて いち は確実に落ちると判断…
諦めることに…

もし行かれた方は一度チャレンジしてみてください

IMG_0156_convert_20170121222449.jpg
見附島は恋人の聖地としても知られているそうですよ

そして次に…
IMG_0162_convert_20170205194304.jpg
恋路海岸へ

この恋路海岸には700年前の悲恋伝説が残っていて、毎年7月の海の日の前日にはその伝説にちなんだ恋路の火祭りが行われ、大松明が夜の海を赤く染めるそうです。

悲恋伝説とは…。
かつて鍋乃と助三郎という愛し合う二人がいました。助三郎は夜ごと鍋乃が焚く火を目印に逢瀬を重ねてきたが、ある晩助三郎の恋仇が別の場所に火を焚き、おびき寄せられた助三郎は海の深みに身を取られて命を落としてしまう。また鍋乃もその悲しみから海へと身を投じてしまったという。
この悲恋の伝説を伝える像が建っているそうです…。

またこの海岸にはソフトクリーム岩と呼ばれる奇岩があったり、ハート形のモニュメントがあるので、こちらに来られた時には一度確認してみてください

IMG_0163_convert_20170121222619_2017020519490585e.jpg
また恋路海岸には弁天島もありましたよ

そしてここにはもう一つ立ち寄る場所が…
IMGP9923_convert_20170121222836.jpg
それはこちらです

IMG_0168_convert_20170204221401.jpg
目的地に向かって歩きます

そして到着したのは…
IMG_0181_convert_20170121224005.jpg
能登線 恋路という駅
以前はのと恋路号の急行停車駅だったそうです。
しかし、2005年能登線の廃止によって廃駅になってしまいました。

でも恋のつく駅は全国的にも珍しいことから、廃止された今でも多くの訪問者があるそうですよ

IMGP9929_convert_20170121222959.jpg
いち と一緒に線路を歩きます
この駅は隣接する宗玄酒造が酒蔵として活用しているそうですよ
しかも当駅跡と酒造社屋との間にレールを再敷設してのトロと呼ばれるトロッコを走らせているそうです

IMGP9931_convert_20170121223050.jpg
いち もなかなか歩くことのない場所を歩いて楽しんでおりました

IMGP9932_convert_20170121223119.jpg
トロッコも置いてありましたよ

IMGP9935_convert_20170121223325.jpg
せっかくなのでその足で宗玄酒造さんに行きました

IMGP9936_convert_20170121223238.jpg
色々お酒が置いてあるので、父ちゃんはなかなか外に出てきませんでした…

まだまだ観光地巡りは続きますが、また次回へ~

ランキングに参加しています。
今回は恋愛関係の場所が多かったな~と思う母ちゃんに応援のポチッとをよろしくお願いします
ポチッとしてねhttp://dog.blogmura.com/siberianhusky

Blogを書きながら、本当に色々な所に立ち寄ってるな~と思う母ちゃんなのでした…
プロフィール

いちかあちゃん

Author:いちかあちゃん
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
フリーエリア